2006.10.22

再会の瞬間

今日のプログラムも無事全て終わりふと後ろを振り向くと勇君のベースが置いてある。
あれ?忘れ物かな?と思って早速電話してみると
どうやら「明後日またスタジオで使うから置かせて下さい」とのこと。
了解した後、電話を切りしばらくして

あの巨大蜘蛛と再会。
巨大蜘蛛は勇君のベースの周りをウロウロウロウロ…。
「駄目だよ勇君が嫌がるよ!」

しかし時既に遅し。
あーぁ。歩いてるよ…ベースケースの上を…長ーい足で!
俺は知らない。何も見てない。
勇君には絶対言えない…。
彼は間違いなく絶叫し…..壊れる!
でも写真は撮った(うふっ)

10024592.jpg

だから勇君には内緒です。
だって本当は勇君のベースは壁に立てかけてあったんです。
それを俺がちょっとした好奇心でケースを開けて中身を見て床に置いておいたばっかりに…。

ん?
おぃっ こっち来んなっ!!

しっ!
しっ!

Oh! ジーザ~~ス